‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

医療系の転職のポイント

2014/10/13

ウェディング02一般的に医療系の仕事には、多くの需要があります。医療系の転職市場も他の業界に比べると地方を中心にして多くの求人があります。病院等の医療機関では、多くの即戦力を求めています。単なる経験の豊富さやスキルのみでは、転職に成功するとはいえません。転職活動をする際には、しっかりとした目的意識と準備をして望むことが求められています。医療系の転職のポイントとしては、先ず他の業界での転職活動と変わらず、面接の対策をしっかりと行っておくことが必要です。いくら高いスキルがあったとしても面接で担当者に自分のセールスポイントをアピールしないと評価されないことになります。面接は転職では大きな重点を占めているので、軽視することははいように対策を十分に練っておきます。また医療系の転職のポイントとして、転職先の職場がどういう人材を求めているかしっかり把握してから転職活動をすることです。これには、転職先の情報収集が必要不可欠です。効率的に情報を収集するためには、インターネットを有効に活用することが必要です。医療系の人材には、高度な専門知識と、高い専門技能を持ちいろいろな人と接するためのヒューマンスキル、特にコミュニケーションスキルがある事が重要であり、医療系の転職のポイントになります。一般的に中途の面接では、こうした点を見られていることになります。転職活動では転職先の仕事内容について、詳細にチェックをしてしっかり話を聞く姿勢も重要です。

近年の医療系の転職の現状

2014/10/13

ウェディング01高齢化社会の現在、医療系の転職の現状は非常に明るいと言っても過言ではありません。一口に医療系といってもその職種はさまざまで、医師・看護師に始まり、管理栄養士や救急救命士、作業療法士、言語聴覚士、助産師、臨床検査技師、薬剤師、歯科衛生士、歯科技工士等、挙げていけばその職種の多さがわかります。それぞれの仕事には基本的に資格が必要で、その難易度は職種によって異なります。ただ、どの職種も現在比較的人気のものが多く、さらに医療系の転職の現状をみても、どれも多くの求人情報が出ており、就職は一般の事務系に比べると仕事に就きやすいといえるでしょう。医療系の転職の現状を考えるとき、年収アップを目的とする人が多いと思いますが、年収アップを目的として転職をする場合は、転職エージェント等の転職支援サービスを利用するといいと思います。転職エージェントを利用した場合には、希望する年収の仕事を絞り込むことも可能ですし、なによりさまざまな情報がありますので、個人で仕事を探すより効率的です。転職エージェントが年収アップに協力してくれる理由は、その仕組みが関係しています。転職エージェントに料金を支払うのは、仕事を探している人ではなく、転職先の企業から受け取っています。そしてその金額は、年収に対しての利率で決まることが多いので、転職エージェントは転職者の年収アップに前向きに検討してくれます。現在ではインターネットでも多数の転職エージェントが転職を考えている人たちのサポートを行っています。

今さら聞けない医療系の転職の基礎知識

2014/10/13

和室昨今の金融危機や不況の影響から失業率の改善が見られず職を探しても見つからない方や給与の上昇が現在の会社では期待できないという人が多いです。給与の上昇が見込めない場合には転職という方法も視野に入れてくることになってきます。転職先にはさまざまですが現在人気を集めているものが医療系の転職です。ここでは今さら聞けない医療系の転職の基礎知識をご紹介します。今さら聞けない医療系の転職の基礎知識として、医療系の職種には欠かすことができない資格というものがあります。医療系の転職を考える場合には多くの職種で資格を取得していることが必須になります。病人の看護や療養上の世話、医師の診察の補助を行う看護師の場合には看護師もしくは准看護師の資格が、健康指導や疾病予防の指導を行う保健師は保健師資格が、医師の場合には医師免許が、調剤や医薬品の管理、保管などを行う薬剤師は薬剤師の資格が、歯科医師の指示で診療補助や治療の前処理を行う歯科衛生士の場合には歯科衛生士の資格があることが必要になってきます。医療業界は人手不足だとよく言われているので、医療系の職種に転職すれば給与のアップも望めるのではという安易な考えでいても資格がなくては医療系には転職することができません。転職するためには学校に通うなどの方法で資格を取得することが最優先になります。当たり前のことですから今さら聞けませんが、医療系の転職の基礎知識として職種により資格が必要になるということは覚えておくようにしましょう。

これからの時代の転職

2014/10/13

小物03日本の財政に占める医療費の割合は年々増加していますが、これは医療分野のマーケットが少しずつ拡大していることを意味しています。このようなマーケットの拡大は労働求人状況に大きく影響しており、今後は医療、介護関係の求人が増えることが予想されます。このような状況の中で、今後の医療系の転職の基礎知識が医療関係で働くことを希望する人にとっては大変重要になってきます。一方で、医療関係の職種については、医師や看護師の他にも放射線技師や理学療法士など様々な職種が必要とされており、今後の医療関係の求人はこのような職種へも幅広く行われることとなります。このような職種については、総合的な医療を行う病院で必要とされることが多く、安定した仕事を得ることが出来る機会とも言えます。これから拡大する医療系の転職の基礎知識として医師や看護師以外の職種の需要についても注目することが大切です。また、介護関係の雇用についても医療と一体となったサービスを展開することから、医療業界の拡大に伴って雇用の需要が大きく拡大することになります。特に超高齢化社会を迎える日本では、このような医療と介護のサービスの複合的な提供が増えることから、医療機関などでの介護系求人についても注目することが大切です。さらに、このような医療系の転職の基礎知識を得ることで、これららの医療業界で活躍するために必要とされる資格を取得しておくことで、長く安定した仕事を得ることも可能となるのです。

ナースの給料の現状

2014/10/13

窓ナースになってみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ナースといえば白衣の天使とイメージされるのとは逆に、非常に大変な仕事です。しかしそれでもナースの仕事にやりがいを感じて頑張っているナースの方がたくさんいらっしゃいます。医療関係やナースの仕事は社会にとって無くてはならない仕事であり、それに携われるということは仕事のモチベーションを大きく高めるでしょう。そして仕事のモチベーションを保つために大きいものはやりがいだけではなく、いくら給料が貰えるかということも大切でしょう。自分の仕事を正当に評価してもらえるような納得した額を貰いたいものです。ナース求人の現状の給料を見ると、平均より高めになっていることが分かるでしょう。以前は仕事の忙しさに釣り合っていない額と言われていたので人手不足が進み、現状の給料の額となっていったようです。そしてナース求人の現状の給料の額というのは、各医療機関によって差があります。病院などもより経験と技術のあるナースを雇いたいと考えているため、他の病院と給料や賞与の額に差をつけるようにしています。なので平均よりもたくさん給料をもらえる職場で働くことも可能です。そういった待遇の良い職場で働くことは難易度が高いですが、ナース求人の現状ではどの医療機関でも人手不足が続いているので、より良い条件で働けるように転職を考えてみても良いでしょう。このように金銭的な待遇を知った上でナースを目指してみてはいかがでしょうか。